ユーザ用ツール

サイト用ツール


mobiledecoder2:m02f7ra-roomlight-narrow

M02F7RA Roomlight-N

Nゲージ室内灯の形状をしたDCCデコーダです。 室内灯とDCCデコーダを一体化した形状となっておりますので、比較的軽微な加工でかつ目立たないようにDCCデコーダを搭載することができます。

また他社の室内灯とは異なる特徴として、切り取って必要な長さにするのではなく、継ぎ足して必要な長さを得る方式であるため、部材のムダが少なくて済みます。

CV値一覧


型番の違いについて

M02F7RA Roomlight-N (7Func / M車向け)

M02F7RA Roomlight-Nシリーズのすべての機能を搭載したデコーダです。
(モーター駆動 / BiDi(Railcom)応答 / 7ファンクション)

M02F1RA Roomlight-N (1Func / M車向け)

M02F7RA Roomlight-Nから、室内灯ファンクション以外のファンクション回路を省いたデコーダです。
電車の中間動力車に搭載することを想定しています。

M02F7 Roomlight-N (7Func / BiDiなし)

BiDi(Railcom)の回路を省略したデコーダです。
動力車向けに搭載することもできますが、主に先頭車に搭載して両極性ファンクション付き室内灯デコーダとして使用することを想定しています。

M02F7 Roomlight-N-T (7Func / BiDi、モータードライバなし)

BiDi(Railcom)とモータードライバの回路を省略したデコーダです。
モータードライバを搭載していないため、両極性ファンクションデコーダとしての利用はできませんが、ライトユニットの改造を行ったうえで先頭車に搭載することができます。

M02F1 Roomlight-N-T (1Func / BiDi、モータードライバなし)

室内灯のファンクション操作のみに対応したデコーダです。
中間トレーラー車の室内灯のDCC対応を想定しています。


おもな特徴・仕様

  • 最大7系統のファンクション出力を搭載
    (ヘッドライト前後、テールライト左右 x 前後、室内灯やキャブライト等 x 1)
    ※Func7 (P7)は、基板上の室内灯LEDに直結されています。
  • ファンクション番号はF0-F28を任意に割り当て可能
  • ヘッドライトを停車時に減光する機能を搭載
  • テールライト用LEDを左右に設置することで、実車の入換運転時に見られる片目点灯を再現可能
  • BiDi (Railcom)による車両アドレスの応答に対応
    ※トレーラー車両向けモデルを除く
  • モーターのBEMFによるフィードバック制御に対応
  • アナログコントローラーでの操作に対応。
    純直流出力コントローラーだけではなく、PWM出力方式のコントローラーにおいても走行可能です。

各種ドキュメント

Open Source

mobiledecoder2/m02f7ra-roomlight-narrow.txt · 最終更新: 2021/08/28 12:46 by ytsurui