ユーザ用ツール

サイト用ツール


mobiledecoder2:t-ec215ra

T-EC215RA / T-EC215Tc

TOMIX製 215系 (Nゲージ) 先頭車にほぼ無加工で搭載することができるDCCデコーダです。

T-EC215RA (動力車用)

T-EC215Tc (トレーラー車用)

裏面 (共通)

頒布はこちら (外部サイト)


取り扱い上の注意点

本デコーダは、他製品とのファームウェア共通化のため、出荷時状態ではP3 LED (愛称幕 / 運番表示)がテールライトの割り当てとなっております。
CV値を下記の通り書き換えていただくことで、実物の動作に近い状態で使用していただくことができます。

書き換えるCV番号 初期値 書き換え後の値
37 129 5
(ディレクション制御なし / F5)
116 242 240
(ファンクション効果なし)

※CV37で、P3 LEDの制御を行うファンクション番号を決定しております。
この例ではF5に設定しておりますが、ほかのファンクション番号にすることも可能です。


おもな特徴

  • TOMIX製215系の先頭車に搭載されているライト基板と入れ替えることで、簡単にDCC化が可能。
    動力車はT-EC215RA、トレーラー車はT-EC215Tcが適合します。
    (サウンド機能はありません)
  • 椅子パーツの構造に合わせて部品配置を行っているので、無加工で取り付けが可能。
  • 4系統のファンクションを搭載。
    ヘッドライト、テールライト、種別幕/運番表示、室内灯を個別に操作可能。
  • ファンクション番号はF0-F28を任意に割り当て可能。
  • ヘッドライトを停車時に減光する機能を搭載。
  • BiDi (Railcom) による車両アドレスの応答に対応。
  • モーターのBEMFによるフィードバック制御に対応。
  • アナログコントローラーでの操作に対応。
    純直流出力コントローラーだけではなく、PWM出力方式のコントローラーにおいても走行可能です。

仕様

項目 内容
基板寸法 120.5mm x 13.0mm x 1.7mm
基板厚: 0.6mm
推奨最大電圧 16V
搭載する鉄道模型車両の定格電圧以下で使用してください。
絶対最大定格電圧 22V
定格出力電流 0.5A (モーター) / 0.1A (ファンクション)
PWM周波数 40kHz + 30Hz/60Hz/120Hz
低周波成分は、CV60の設定値で有効無効切り替え、変更できます。
LED P1: トップビュー型電球色
P2: サイドビュー型白色
P3: トップビュー型白色
デコーダリセット方法 CV8 = 8 または CV8 = 13 を書き込む

※本製品は、Nゲージ鉄道模型製品に搭載することを前提に設計・製造しております。
お客様の工夫により、より大きいゲージの鉄道模型製品 (HOゲージ等) に搭載することも可能ですが、モーターがNゲージ用よりも大出力のものが搭載されていることにより、モーター出力回路が破損する恐れがありますので推奨しません。


基板の表記と対応するファンクション初期値

基板上のファンクション出力端子と、コントローラー側のファンクション番号の対応は下記となっております。

基板表記 ファンクション内容 ファンクションキー番号 動作する走行方向 出力ポートの仕様
P1 ヘッドライト F0 前進 定電流出力 (約10mA)
P2 テールライト左
(P1と同じ側に対応)
F1 後進 定電流出力 (約10mA)
P3 テールライト右
(P1と同じ側に対応)
F1 後進 定電流出力 (約2mA)
P7 室内灯(蛍光灯) F3 - トランジスタ出力: 電流制限なし
(最大50mA程度まで)
- ヘッドライト減光 F4 -
- 入換標識灯
(テールライトが常時点灯する)
F7 -
- 入換速度モード
(走行速度の上限値を下げる)
F7 -

※基板表記が無いものは仮想ファンクションですが、ファンクションの初期値として便宜上表記してあります。


基板の各端子の説明

下記の説明はT-EC215RA (動力車用) を用いていますが、T-EC215Tc (トレーラー車用) も基本的には同一です。

編成の前後にデコーダを搭載する場合は、どちらかの先頭車の「REV端子」にはんだを盛ってジャンパすることで、編成を組んだ際にCV29の変更を行わなくともライトの点灯方向を揃えることができます。
(REV端子をジャンパした場合、前進でテールライト、後進でヘッドライトとなります)


搭載時の注意事項

デコーダ裏面の絶縁 (M車用のみ)

デコーダ裏面と車両のダイキャストフレームの接触により短絡し、デコーダ破損が起こる可能性があります。
下記画像や搭載事例を参考に、デコーダ本体の絶縁処理を実施したうえで車両に搭載してください。

トレーラー車両に搭載する場合は金属部品には接触しませんので、絶縁を行う必要はありません。


搭載例

準備中です。


各種ドキュメント

mobiledecoder2/t-ec215ra.txt · 最終更新: 2022/06/27 14:01 by ytsurui