ユーザ用ツール

サイト用ツール


switchdecoder3

ポイントデコーダ3

KATO製 Nゲージ 4番ポイント/Y字ポイント (20-220/20-221/20-222) などの道床内部に完全に収めることができるポイントデコーダです。
直流2線式、最大消費電流2A程度までのポイントを転換することが可能です。

頒布はこちら (外部サイト)


おもな特徴

  • KATO製 Nゲージ 4番ポイント/Y字ポイントの道床内部に収めることが可能。
  • ポイント線路の通電ピンを少し曲げることで、そのままはんだ付け可能。
  • CV値の変更により、通電時間、切り替え遅延時間を設定可能。

仕様

項目 内容
基板寸法 15.5mm x 8.0mm x 2.6mm
推奨最大電圧 16V
絶対最大定格電圧 22V
定格出力電流 2A / 3A(ピーク、1sec以下)
デコーダリセット方法 CV8 = 8 または CV8 = 13を書き込む

配線方法

外側の端子2か所をレールに、内側の端子をポイント線路に接続してください。
プログラム端子は、アドレス変更を行うために必要となりますので、どちらかの線路に接触させられるようにしておいてください。

プログラム端子の使い方

プログラム端子をどちらかの線路に接触させてから線路電源を投入すると、プログラムモードで起動します。
その状態で、スロットルで指定したいポイントアドレスに対して転換指令を何回か送ると、ポイントが転換するようになりますので、その状態で線路電源を切ると設定が完了します。


CV値一覧

CV番号 初期値 内容
1 129 (0x81) アクセサリアドレス 下位ビット
7 - バージョン番号
8 13 メーカーID
(8 または 13を書き込むことでデコーダ設定のリセットが可能)
9 248 (0xF8) アクセサリアドレス 上位ビット
33 0 (0x00) デコーダ動作制御

0ビット (0x01) : 転換方向(直進/分岐) 逆転
1ビット (0x02) : プログラム端子 無効化
34 200 (0xC8) 通電時間 下位8ビット
35 0 (0x00) 通電時間 上位8ビット
36 0 (0x00) 動作遅延時間 下位8ビット
37 0 (0x00) 動作遅延時間 上位8ビット

通電時間・動作遅延時間について

上位8ビット + 下位8ビットの合計 x 1ミリ秒で時間を設定できます。
例えば、通電時間は初期値のCV34=200、CV35=0の場合、200ミリ秒=0.2秒となります。

動作遅延時間を設定すると、ポイント切り替え指令を受け取った後、指定した時間が経過してから通電を開始するようになります。


搭載例

KATO EP481-15L

その他については準備中です。


オープンソース

基板設計データ・ファームウェア

回路図 (rev.1)

switchdecoder3.txt · 最終更新: 2022/11/13 16:25 by ytsurui

Donate Powered by PHP Valid HTML5 Valid CSS Driven by DokuWiki